不妊治療を受ける【子供を授かる為のプロジェクト】

検査で不妊原因を確認

医者

不妊治療を行う前に、病院では“不妊検査”が行われるでしょう。検査では、不妊の原因となるものがないかを確認します。不妊治療を受けるために初めて病院を受診する際には、問診票の記入があります。問診票には、健康状態や過去に発症したことのある病気などの記入を行います。その後、子宮頸がん検診や子宮の大きさなどを確認するために婦人科での診察、クラミジア検査、超音波検査などを行います。男性が検査をする場合には、精液検査などを行います。検査をすることで、体に異常がないか詳しく確認できるでしょう。

病院へ行く前に行っておきたいのが、基礎体温を計ることです。基礎体温は、排卵がいつ起きるのかなどを予測する手がかりになるので重要です。医師としても、基礎体温があると患者の体の状態を把握しやすいです。
そのため、適切な不妊治療に繋がりやすくなるでしょう。

不妊は女性だけでなく男性が原因ということもあるため、不妊治療を行うという場合には2人で病院へ行くのがおすすめです。2人で検査をして、女性側と男性側どちらが不妊の原因になっているのかなどを知ることができるため、確実な妊娠を希望するなら、2人で検査を受けたいものです。

不妊検査は、保険適用されるものとそうでないものとがありますので、奈良の病院へ受診する際に確認しておきましょう。検査費用は病院によって異なります。ですから、少しでも安い費用で検査を受けたいという人は、複数の病院で費用を見比べてみるのがおすすめです。