不妊治療を受ける【子供を授かる為のプロジェクト】

ステップアップ治療で克服

医者

奈良では、不妊治療として“ステップアップ治療“というものが行われます。
これは、奈良だけでなく他の県でも一般的に行われる不妊治療の方法であり、始めは、自然妊娠に近い方法で不妊治療を進めていきます。それで思うような効果が得られない場合には、ステップアップをして高度な医療技術で妊娠できるようにと、サポートしていくのがステップアップ治療です。

まず始めに行われるのが、“タイミング法”です。
これは、排卵日に合わせて性行為をする方法で、医師が性行為のベストタイミングを指示してくれるでしょう。
タイミング法には、自然にくる排卵日に性行為を行う方法、排卵誘発で性行為を行う方法の2種類があります。

タイミング法で十分な効果が得られなかった場合には、“人工授精”という方法で不妊治療を行います。
人工授精は、女性の子宮に男性の精液を注入する方法です。タイミング療法では、排卵誘発を行うのは医師と患者との相談で決めていきますが、人工授精では原則的に排卵誘発を行うことになります。人工受精では、性行為をするタイミングが排卵日に合わなくても、あらかじめ精子を凍結しておくことで、ベストなタイミングで子宮に精子を注入できます。
それにより、妊娠に繋がる確率がグンとアップするでしょう。

人工授精でも効果が得られなかったら、次のステップとして“体外受精”や“顕微授精”を行います。
これらは、卵子と精子を採取し、それを受精させて子宮に戻すという方法です。
体外受精は、基本的に人工授精で効果が得られなかったときに用いられます。
一方、顕微授精は体外受精で効果が得られなかったときに用いられるのが一般的です。

奈良の病院で行われているステップアップ治療を受けることで、妊娠の期待がもてます。
始めに行われるタイミング法で効果が得られなかったら、人工受精、体外受精などとステップアップしていきますので、自分に合った方法で妊娠ができるのです。